HOME > 建築コラム > あなたがお持ちの土地、本当に家が建てられますか?
2022-03-03

あなたがお持ちの土地、本当に家が建てられますか?

親が土地を持ってるから、そこに…

新築住宅を検討する際に、建築予定地を持っている・持っていないでは大きく計画が違ってきます。 土地探し期間の有無で家づくりのスケジュールは大きく変わりますし、当然資金計画も大きく変わります。 仮にあなたが持っているもしくは譲ってもらえる土地があったとしても、そこにお家が建てられるかどうか確認していますか?

都市計画法、建築基準法…

自分の土地だから何を建ててもよいわけではありません。守らなくてはいけない法律・条令があります。 いざ家を建てようとなってから建築要件を満たさない土地であることが分かり、断念しなければいけないこともあります。

例えば…

建築基準法第43条に接道義務というものがあります。建築物の敷地が幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならないとするものです。 一見それを満たしているような土地であってもダメな場合があります。ここでいう道路は【建築基準法上の道路】で道であればなんでもよいわけではありません。 現在、家が建っているので問題ないと思い、それを解体して建て直す計画であってもその家自身が違法建築で建て直しができないこともあります。 また親御様の家の敷地が広く、その隣に新たに建てる場合でも一敷地一建物の原則がありますので敷地を分割しそれぞれが道路に2m以上接していないと建てらません。


早めにプロに依頼して確かめてもらいましょう

建築にかかわる法律は多岐にわたり、よくよく調べてみないと分からない問題が隠れていたりします。(法解釈が微妙な場合があります) ご依頼予定の不動産屋さん、工務店さんに早めに相談しておきましょう。 具体的にお知りになりたい方はこちらをご利用ください。


パッシブ×自然素材=省エネ×健康  心地いいパッシブデザイン住宅のことなら              大塚建設株式会社

Copyright©大塚建設. All Rights Reserved.