HOME > 建築コラム > 省エネ基準義務化見送りの理由が見えて来た…
2021-07-01

省エネ基準義務化見送りの理由が見えて来た…

住宅の省エネ基準とは?

外皮の熱性能基準…簡単に言うと屋根・壁・床の外の空気に触れている部分の断熱性能を基準値以上にしてくださいというものです。(欧米に比べはるかに低い基準…)

なぜ省エネ基準義務化は見送られたか?

端的に言えば、ゼロエネルギー住宅(太陽光発電などで家が作るエネルギー>家が使うエネルギー)を増やしていけば家の断熱性能の底上げを義務化しなくても二酸化炭素の排出を十分削減できると国は考えたということのようです。(ただ計算過程が間違っているという指摘があります※) それに当初、国が掲げていた目標程ZEH住宅は普及していませんし、地域・立地的に太陽光発電が難しい場合があります。 断熱性能向上にはそのような制約はないので、こちらの方が確実だと思いますが… ※詳しくは、日本エネルギーパス協会 今泉太爾代表理事さんのHPをご覧ください。 https://wellnesthome.jp/8265/?fbclid=IwAR0g4X4G2d3z0hBzZgJBeD6E_-2yVY0z7P8en6HRyzAyoIlRIvFF-R-Ok-Q 

本当に2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素実質排出ゼロ)は可能なのか?

頭の良い人たちが考えて、私たちを導いてくれるとは思いますが…

じゃああなたはどうするべきか

カーボンニュートラルって聞くと実感が湧きませんが「省エネで夏涼しく、冬温かく過ごせ家族の健康に寄与する家」と考えればよいのではないでしょうか。もちろんコストも大切ですので、しっかり工務店に相談しましょう。そうすれば答えが見えて来ると思います。


パッシブ×自然素材=省エネ×健康
  心地いいパッシブ住宅のことなら大塚建設株式会社

 

Copyright©大塚建設. All Rights Reserved.