自由設計・パッシブデザイン|大塚建設Passive Design

HOME > 自由設計・パッシブデザイン|大塚建設

家族の幸せを基準に考えた家づくりにひとつとして同じモノはありません。つまり必然的に自由設計・オーダーメイドになります。 また省エネで冬暖かく、夏涼しい家族の健康に寄与するお家を建てるためには敷地、地域の気候にあわせて設計する必要があります。 機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことをパッシブデザインと言います。自然の光や風を上手に活用し、室内を冬あたたかく、夏すずしくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。建物そのものが快適性を生み出します

 

パッシブデザインには、メリットがいっぱい!

メリット01 とっても快適!

新築してから 最も後悔度がアップするのが室内環境です。
パッシブデザインで快適なお家にしましょう。

 

・エアコンやファンヒーターの利用が最小限で済みます。

・室温や湿度が安定し、寒さ・暑さ・乾燥の不満が解消できます。

【新築してから後悔する項目】

 

メリット02 健康な暮らしが待っています!

家族のからだを守るのもお家のしごと
高断熱の家で健康生活

 

・ヒートショックが起きる環境を回避できます。

・肌のかゆみやアトピー性疾患が改善されます。

・女性特有の冷えが緩和され、美容と健康につながります。

・風邪を引きにくくなります。

【高断熱で健康改善】

 

メリット03 経済的にもうれしい!

光熱費・医療費が削減されます

 

・断熱性能向上のために建築費はアップしますが、光熱費・医療費のダウンで結局はお得で快適な暮らしが得られます。

・光熱費削減により地球温暖化抑制にも寄与し、地球にやさしい生活が送れます。

【断熱工事費の投資回収年数】

光熱費と医療費の削減で約11年で回収、それ以降はずっとお得が続きます。

 

パッシブデザインで行う5つの項目とバランス

01 断熱

夏場に室内に取り入れたくないもの外気の暑さ、室内から逃がしたくないものエアコンで作った涼しさ 冬場に室内に取り入れたくないもの外気の寒さ、室内から逃がしたくないものエアコンで作った暖かさ これらをかなえてくれるのが断熱です。正確に言うと気密がセットとなります。 パッシブデザインの基本中の基本となります。
※詳しくはコチラ

 

02 日射遮蔽(へい)

「夏涼しく」を実現するために、何より重要なのがこの日射遮蔽です。
とくに、窓から入る日射を最大限に少なくすることがポイントで、このことにより冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。
※詳しくはコチラ

03 自然風利用

身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる意味もあります。
自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏であれば夜間に行い、その前後の季節であれば日中も夜間も行うことが有効となります。
※詳しくはコチラ

 

04 昼光利用

昼間に、太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくすることを目的とします。
居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計します。また、1階南面から採光が難しい場合には、吹抜けなどのプランなども計画します。
※詳しくはコチラ

 

05 日射熱利用暖房

冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。
「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えられれば、室温変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。
※詳しくはコチラ

 

ここで何より重要なのが、この5つの項目のバランスを考えることです。当然地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきますし(たとえば、香川県であれば冬の日射量が多く夏も暑くなるので、その特性を考えた設計が必要です)、敷地条件によってもこれらのバランスは変わってきます(たとえば、南側に日射を遮る建物があれば、冬の日射取得は期待できません)。断熱性を高めるだけの家づくりは簡単ですが、高断熱にすると夏暑くなることを理解して、日射遮蔽や自然風利用をしっかり考えながら設計を進めていくのが本来のパッシブデザインなのです。

 

Copyright©大塚建設. All Rights Reserved.